自由記入欄でマイナスの印象からプラスの印象に変えるチャンス!

転職をする際に履歴書や職務経歴書の記入は欠かせません。その際に自分の希望や要望などを自由に記載することができる、自由記入欄が設けられていることが多くなっています。ここの記入は意外と難しく、無記入だとかえって意欲がないと、とられがちで消極的な印象を与えてしまいます。逆にあまり自分の希望ばかり記載すると、わがままで自分のやりたいことしかやりたくないといった印象を与えかねないので、謙虚な気持ちを持ちつつも自分の希望を入力する必要があるので意外と頭使って難しい部分ではあります。ではこのような自由記入欄には何を記載するのが最適なのでしょうか。

 

職歴が浅い方、転職回数が多い方にとってみればこの自由記入欄でマイナスの印象からプラスの印象に変えるチャンスでもあります。大いにこのフリースペースを活用すべきでしょう。具体的な有効活用方法を教えてくれるのが転職サイトのDODAです。DODAでは履歴書や職務経歴書の書き方を詳しく効果的な方法を教えてくれます。

 

もし、これまでの職歴で業績面での貢献があれば自分の仕事内容を記載して、どのような会社のメリットを生んだのか記載すると良いでしょう。また、自分がどのような役職でどのような立場だったかも記載すると良いでしょう。もし自分が部署やグループなどをまとめていた経験があるのならば、教育指導や業務管理などマネジメント経験があるということを具体的に記載すると、リーダーとしての資質があると判断されて十分に評価に値するアピールポイントとなるでしょう。
ただ職務経歴が浅い人はこのような過去のアピールポイントが少ないのではないでしょうか。そういった場合は、未来に向けての自分のやりたいことやビジョンを記載するスペースとして使いましょう。転職先での自分のできることや、やりたいこと、またどのように貢献したいかなど具体的なイメージや意思を見ることで十分にプラスアルファーの印象を与えることができます。いかにアピールするかをDODAで指導してもらうことができるでしょう。

DODAで転職活動はじめる

求人数 雇用形態
非公開求人多数 派遣・正社員
運営会社 対応地域
(株)インテリジェンス 全国
得意職種 おすすね度
総合 5つ星


DODAのWEB登録